洋服と和服と着物の違いについて

近頃は、和服と着物は同じ意味に使われています。はっきりした違いはなく洋服が良く似合うとか、和服が良く似合う人などの使い方をしています。デザインは現代的な柄や古典的な柄までさまざまな種類に分けられます。日本人の美意識の歴史を知ることになります。着物によく使われるデザインは扇やつづみ、短冊、御所車、唐子、童、お姫様など可愛らしい柄から古典的な柄までさまざまです。現代的な柄には蝶やくじゃく、おしどり、ふくろうなどがあります。花をモチーフにした独創的な柄には辻が花が有名です。独特で華やかな花柄が美しく魅力的です。

和装で着物をきましょう

和服で着物を着るのは少々手間がかかりますが、日常的に着ていれば慣れますし意外と覚えてしまえば着やすいものです。長い歴史の中で着続けられてきたのには、やはり日本人の体形や風習にあっていたという理由があるはずです。今は安価に着付け教室を開いているところもありますし、そこへ通えば、季節ごとの決まり事も教えてもらえます。和服は高いイメージもありますが、今は訳ありといって少々傷がついているからと安価で手にはいる着物もありますし、古着でもてにはりますので、ぜひ、日常的に普段使いで着てみましょう。背筋が伸びて気持ちもしゃんとします。

和服と着物の情報とは

↑PAGE TOP